G-SHOCK GWF-D1000ARR-1JR
南極調査ROVコラボレーションモデル

品番 GWF-D1000ARR-1JR
国内正規品
G-SHOCK GWF-D1000ARR-1JR 南極調査ROVコラボレーションモデル

拡大画像

税込み標準価格 143,000円
税込み特価135,850円

送料無料


G-SHOCK GWF-D1000ARR-1JR 南極調査ROVコラボレーションモデル

過酷な環境下で活躍するプロフェッショナルをサポートしているG-SHOCKから、「南極調査ROV」とのコラボレーションモデルが登場。

今回のモデルは2018年1月に第59次南極地域観測隊の共同利用研究で使用された、小型水中無人探査機(ROV)の航法用デバイスとして、カシオ計算機(株)と東京海洋大学・後藤慎平助教による共同研究が起点となり実現したコラボレーションモデルです。
ベースモデルには潜水のプロフェッショナルが求めるスペックを備えたマスターオブG、「FROGMAN」を採用。ROVを用いた南極大陸の湖沼調査を実施する東京海洋大学の全面協力によりこだわりのカラーリング、デザインに仕上げました。カラーは過酷な環境での調査に挑むROVのレッド・ブラック・オレンジ・ブルーを用い、裏蓋・バックライト・バンド、そしてスペシャルパッケージには南極大陸のシルエットをデザインしました。
東京海洋大学は南極の特殊な環境でも安定的に動作するROVを開発・運用し、国立極地研究所と共に南極湖沼の調査を行っています。極地で観測を行うには、ROVも人力で輸送する必要があり、小型化・軽量化が大きな課題で、深度・方位計測を行うための機器も例外ではありませんでした。そこで少しでも重量を抑えるため、腕時計という軽量でコンパクトなサイズながら、姿勢が安定しない水中でも正しい方位計測が可能であり、高い防水性を誇るFROGMANが採用されました。
極限の環境に立ち向かう南極調査用のROVとG-SHOCKとの共同研究が生んだスペシャルコラボレーションモデルです。
世界6局(日本2局、中国、アメリカ、イギリス、ドイツ)の標準電波を受信し、時刻を自動修正するマルチバンド6
タフソーラー
ISO規格200m潜水用防水
トリプルセンサー(圧力・磁気・温度)
最大80mまでの水深計側が可能(10cm単位で計測)
腕の向きを気にせず計測できる方位計(自動水平補正機能付方位計)
潜水開始時刻・潜水時間・最低水温・最大水深という潜水記録に必要なデータをオートメモリー(ダイビングログメモリー20本)
分速10m以上のスピードで浮上するとアラームで報知する浮上速度警告機能
タイドグラフ/ムーンデータ
高輝度なフルオートLEDライト(スーパーイルミネーター)

【南極調査用の小型水中無人探査機(ROV: Remotely Operated Vehicle)とは】
東京海洋大学は海洋教育・研究の1つとして、国立極地研究所と共に南極地域での観測事業を実施しています。第59次南極地域観測隊では、南極湖沼に棲息するコケボウズ(藻類・コケ類・シアノバクテリアを主体とする生物)の3次元マッピング調査が実施されました。この調査に使用された小型水中無人探査機は、南極という特殊かつ極限の環境下での安定的動作を実現するため、堅牢性と徹底した軽量化が求められました。その開発を東京海洋大学・学術研究院の助教、後藤慎平氏を中心とした研究チームで実施しており、未だ解明されていない部分の多い南極湖沼の生態系調査をサポートしています。

仕様

  • 耐衝撃構造(ショックレジスト)
  • スクリューバック
  • 内面無反射コーティングサファイアガラス
  • DLC処理(ステンレススチール部)
  • ISO200m潜水用防水
  • ケース・ベゼル材質: ステンレススチール/樹脂
  • カーボンファイバーインサートバンド
  • タフソーラー(ソーラー充電システム)
  • 電波受信機能:自動受信(最大6回/日、中国電波は最大5回)/手動受信、
  • <日本> 受信電波:JJY、周波数:40kHz/60kHz(福島/九州両局対応モデル)
  • <北米地域> 受信電波:WWVB、周波数:60kHz
  • <ヨーロッパ地域>受信電波:MSF/DCF77、周波数:60kHz/77.5kHz
  • <中国> 受信電波:BPC、周波数:68.5kHz
  • *ホームタイム設定を受信可能な都市に設定すると、都市に合わせた局を受信します。尚、時差は選択した都市によって設定されます。
  • ワールドタイム:世界48都市(31タイムゾーン)の時刻表示、サマータイム設定機能付き+UTC(協定世界時)の時刻表示
  • ダイビング機能:水深計測範囲:0.0〜80.0m、水深計測単位:0.1m、潜水時間計測:最大6時間(180分まで1秒単位、以降は1分単位)、ダイビングモードにおいて水深1.5mで自動的に計測を開始/ 終了し、ログメモリーも自動的に行います。水面休息時間表示(最大48時間)、浮上速度警告機能
  • ログデータ(潜水開始日時、潜水時間、最大水深、最低水温)を20本メモリー
  • 方位計測機能:方位の角度(0 〜359°)を計測、16方位表示(ダイビングモードでは表示しません)、方位連続計測(60秒(ダイビングモードでは20秒))、東西南北をグラフィック表示、ベアリングメモリー、自動水平補正機能、方位補正機能、磁気偏角補正機能
  • 温度計測機能(計測範囲:−10 〜 60℃、温度計測単位:0. 1℃)
  • タイムスタンプ機能:日時(センサー計測中は水深、温度、方位も同時に記録)を20本メモリー
  • タイドグラフ(6段階表示)
  • ムーンデータ(月齢・月の形表示)
  • ストップウオッチ(1/100秒、100時間計、スプリット付き)
  • タイマー(セット単位:1分、最大セット:24時間、1秒単位で計測)
  • 時刻アラーム5本(1本のみスヌーズ機能付き)・時報
  • バッテリーインジケーター表示
  • パワーセービング機能(暗所では一定時間が経過すると表示を消して節電します)
  • フルオートカレンダー
  • 12/24時間制表示切替
  • 操作音ON/OFF切替機能
  • LEDバックライト(フルオートライト、スーパーイルミネーター、残照機能、残照時間切替(1.5秒/3秒)付き)
  • フル充電時からソーラー発電無しの状態での駆動時間
  • 機能使用の場合:約7ヵ月
  • パワーセービング状態の場合:約23ヵ月
  • ホームタイム都市 (受信機能対応都市)/ 受信電波
  • 台北、ソウル、東京/日本の標準電波 JJY40・JJY60
  • (ホノルル)、(アンカレジ)、バンクーバー、ロサンゼルス、エドモントン、デンバー、メキシコシティ、シカゴ、ニューヨーク、ハリファックス、セントジョンズ/アメリカの標準電波 WWVB
  • リスボン、ロンドン、マドリード、パリ、ローマ、ベルリン、ストックホルム、アテネ、(モスクワ)/イギリスの標準電波 MSF・ドイツの標準電波 DCF77
  • 香港、北京/中国の標準電波 BPC
  • ※( )内の各都市は条件が良ければ受信する場合もあります。
  • ※電波受信が行なわれない場合は、通常のクオーツ精度(平均月差±15秒)で動作します。
  • ※ 外気温を計測するときは、時計を腕から外して、体温、汗(水滴)、直射日光などの影響を受けないようにしてください。
  • LED:ホワイト