G-SHOCK GWF-1035F-1JR
35周年記念MAGMA OCEAN FROGMAN

品番 GWF-1035F-1JR
国内正規品
G-SHOCK GWF-1035F-1JR 35周年記念モデル MAGMA OCEAN FROGMAN

拡大画像

税抜き標準価格 80,000円(税込み 86,400円)
税抜き特価78,000円(税込み 84,240円)

1983年の誕生以来、飽くなきタフネスを追求し進化を続け誕生35周年を迎えたG-SHOCKから、35周年記念限定モデル「MAGMA OCEAN(マグマオーシャン)」が登場。

今回はバンド裏面、メタルパーツ、文字板の随所に、ブランドカラーであるレッド、または35周年を祝う華やかなローズゴールド・イエローゴールドを配色。
地球誕生時の「マグマの海」で覆われた状態を、誕生から35周年の節目を迎えるG-SHOCKが起源に立ち返りながらも新しい価値を生み出し続ける存在であることを高らかに宣言する様を時計全体で表現しました。
ベースモデルには、メタル外装を纏い洗練のタフネスを追求するMT-G「MTG-B1000」、究極のサバイバルタフネスを追求して誕生したRANGEMAN「GPR-B1000」、そしてダイバーズウオッチとしての進化を極めるFROGMAN「GWF-1000」の3モデルをラインアップ。FROGMANは、1993年に初代モデルが誕生し今年2018年で誕生25周年を迎えます。それを記念してアイコンとなる潜水蛙を随所に配置。中には一目見て発見することができない箇所・大きさで配置しており、全部でいくつ存在するかという「潜水蛙探し」もお楽しみいただけます。
3モデル共、裏蓋には35周年記念刻印が入り、特別仕様のパッケージ付きのスペシャルモデルの登場です。

仕様

ケース・ベゼル材質: ステンレススチール/樹脂
樹脂バンド
スクリューバック
無機ガラス
耐衝撃構造(ショックレジスト)
DLC処理(ステンレススチール部)
ISO200m潜水用防水
タフソーラー(ソーラー充電システム)
電波受信機能:自動受信(最大6回/日、中国電波は最大5回)/手動受信、
<日本> 受信電波:JJY、周波数:40kHz/60kHz(福島/九州両局対応モデル)
<北米地域> 受信電波:WWVB、周波数:60kHz
<ヨーロッパ地域>受信電波:MSF/DCF77、周波数:60kHz/77.5kHz
<中国> 受信電波:BPC、周波数:68.5kHz
*ホームタイム設定を受信可能な都市に設定すると、都市に合わせた局を受信します。尚、時差は選択した都市によって設定されます。
ワールドタイム:世界48都市(31タイムゾーン)の時刻表示、サマータイム設定機能付き+UTC(協定世界時)の時刻表示
ムーンデータ(月齢・月の形表示)
タイドグラフ(潮回り:3段階表示)
ダイビング機能(潜水時間:計測単位1秒、計測範囲23時間59分59秒(24時間)、インターバルタイム:計測単位1分、計測範囲47時間59分(48時間)※48時間以降は表示しません。)
ログデータ(潜水開始日時、潜水時間、潜水時間グラフィック、LOGリコールNo.)を10本メモリー
ストップウオッチ(1/100秒、24時間計、スプリット付き)
タイマー(セット単位:1分、最大セット:24時間、1秒単位で計測)
時刻アラーム5本(1本のみスヌーズ機能付き)・時報
バッテリーインジケーター表示
パワーセービング機能(暗所では一定時間が経過すると表示を消して節電します)
フルオートカレンダー
12/24時間制表示切替
操作音ON/OFF切替機能
ELバックライト(フルオートELライト、残照機能、残照時間切替(1.5秒/3秒)付き)
フル充電時からソーラー発電無しの状態での駆動時間 
機能使用の場合:約8ヵ月
パワーセービング状態の場合:約26ヵ月

ホームタイム都市 (受信機能対応都市)/ 受信電波
台北、ソウル、東京/日本の標準電波 JJY40・JJY60
(ホノルル)、(アンカレジ)、バンクーバー、ロサンゼルス、エドモントン、デンバー、メキシコシティ、シカゴ、ニューヨーク、ハリファックス、セントジョンズ/アメリカの標準電波 WWVB
リスボン、ロンドン、マドリード、パリ、ローマ、ベルリン、ストックホルム、アテネ、(モスクワ)/イギリスの標準電波 MSF・ドイツの標準電波 DCF77
香港、北京/中国の標準電波 BPC
※( )内の各都市は条件が良ければ受信する場合もあります。
※電波受信が行なわれない場合は、通常のクオーツ精度(平均月差±15秒)で動作します。